西高東低についてと星座などについて勉強した

西高東低などについて学校をしました。西高東低は、冬型の気圧ポジショニングだ。大陸のシベリア高気圧が発達し、そこから北西の季節風が吹き出します。日本海位置付けはスノーが降り続き、太平洋位置付けは晴れてドライし、刺々しい木枯らしが吹きまくります。次は、星座についてだ。季節ごとの代表的な星座は、春はしし座があります。夏はさそり座があります。秋はペガスス座があります。冬場はオリオン座があります。夏季の大三角はベガ、デネブ、アルタイルだ。冬の大三角はシリウス、プロキオン、ベテルギウスだ。七夕の織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)の間には、実際には明かりの速さで16時の間隔があります。次は、地球についてだ。地球は、地軸を中心に終日で1回転します。地球は、しょっちゅう半分だけ日射しが当たっている。日射しが当てはまる地点が昼間だ。星のお天道様周運動は、地球が自転やる根拠だ。知らないことがほとんどだったので、学校できて良かったです。アンチエージングサプリ人気